Penzar Developmentは、著作権侵害を防ぎ、ソフトウェアへの正規ユーザーの投資を保護するために、ライセンス・アクティベーション(ライセンス認証)システムを使用します。これは、競争価格で製品を開発し続けることを可能にします。ライセンス・アクティベーション・システムは、ユーザーまたはユーザーのコンピュータに保存されているどのような情報**も収集しません。アクティベーションは、オプションのユーザー登録とは分離されています。

許可される新たなアクティベーション数は、ソフトウェア・ライセンスで指定されます。同じコンピュータでの再アクティベーションは新たな別のアクティベーションを必要としません、しかし、ユーザーはPenzar DevelopmentにオリジナルのインストールIDを提示しなければなりません。許可される再アクティベーション数には、妥当と判断される範囲での制限があります。

ソフトウェアは、納品または伝票日付から1年以内*にアクティベーションしなければなりません。
Penzar Developmentは、製造が中止された製品と現在使用されていないまたは旧式のソフトウェア・バージョンのアクティベーション・サービスを、事前の連絡なしに終了する場合があります。

どのように働くか

ソフトウェア・ライセンス・アクティベーションは、完全にソフトウェア・ベースの単純な、直接的な処理です。特別な追加のハードウェアを必要としません。アクティベートに必要なものは、ソフトウェアのシリアル番号のみです。

もし、オンラインでアクティベートをするならば、それはインターネット接続を必要としますが、迅速で単純な処理で済みます。この方法でアクティベートするときには、ソフトウェア自身がほとんど自動的に機能します。ユーザーが行う処理はごくわずかです。もし、ユーザーが電子メールでソフトウェアをアクティベートしたいならば、オフライン・アクティベーション・オプションを選んで、Penzar Developmentカスタマー・サポート(日本国内ではシムサーキット(有))に連絡することによって可能となります。

アクティベーションは、ソフトウェア・インストール・プロセスの最後のステップとして実行されます。
この時に、「今回はアクティベートしない」を選ぶならば、"TopSpice"デスクトップ・アイコン**から起動することで、後でアクティベートすることができます。ソフトウェアは、アクティベートされるまで機能しません。

オンライン・アクティベーション

インターネットを使うオンライン・アクティベーションが、デフォルトの設定です。アクティベーション・ソフトウェアは、インターネット送信を必要とします。アクティベートするには、

1. "Activation Start"ダイアログが開いたならば、"Activate Online"ボタンをクリックします。これにより"Activation Ready"ダイアログが開きます。

2. "Activate"ボタンをクリックします。

アクティベーション・ソフトウェアは、アクティベーション・サーバーに接続して、シリアル番号とライセンス・ステータスを確かめて、サーバーから承認を得た後、ソフトウェアをアクティベートします。
このプロセスに、一般的には2,3秒だけかかります。

もしアクティベーション・サーバーに接続できない場合には、多くの場合、ユーザーのシステム・ファイアウォール機能が、アクティベーション・ソフトウェアによる外部へのインターネット接続を妨害していることを意味します。ユーザーは一時的に、ファイアウォールの外部ブロッキングを働かなくするか、またはアクティベーション・ソフトウェア・プログラムへの送信アクセスを許可するかしなければなりません。以上を実行する場合の詳細は、ユーザーのシステムで使用しているファイアウォール・ソフトウェアにより違います。

まれな場合として、アクティベーション・サーバーがビジー状態であるかまたは一時的にダウンしていることがあるかも知れません。この場合には、数分待ち、再び実行して下さい。

アクティベーション・プロセスのどのステップにおいても、アクティベーションをキャンセルしたければ、"Cancel" ボタンをクリックすることができます。"TopSpice"デスクトップ・アイコン**から起動することによって、後でアクティベートができます。

オフライン・アクティベーション

オフライン・アクティベーションは、インターネットへのアクセスが制限されたコンピュータにインストールしたいユーザーまたはオンライン・アクティベーションを希望しないユーザーに対して、用意されています。電子メールによって、オフラインでアクティベートできます。オフライン・アクティベーション・サービスは、通常の営業時間内のみ利用できます。

オフライン・アクティベーションは、登録ユーザーのみ利用できます。これは、そのユーザーがライセンス許可されたユーザーであることを確かめるのに必要です。もし、登録ユーザーでない方の場合は、以下のエンド・ユーザー情報を提供しなければなりません:

○ ユーザーのフルネーム(個人名でなければならず、組織名または部門名では不可です)
○ 組織名(組織でご購入の場合)
○ 住所
○ 電話番号
○ 電子メール・アドレス

エンド・ユーザー情報は、オフライン・アクティベーションを認可して、ユーザーを登録するのに使用されます。

アクティベートするには:**
(日本国内ではシムサーキット(有)へご連絡下さい。下記2~4項は参考情報です。)

1. "Activation Start"ダイアログが開いたならば、"E-mail Activation"オプションを選びます。
これにより、"E-mail Activation"ダイアログが開きます。

2. "E-mail Activation Request"ボタンをクリックします。

3. アクティベーション・ソフトウェアは、アクティベーション・リクエスト情報メッセージ(この情報を編集しないでください)と共に、システム・デフォルトの電子メール・クライアントプログラムを開きます。

必要に応じてユーザーのフルネームを電子メール・メッセージ本文に加えます。もし登録ユーザーでない場合には、電子メール・メッセージに上記のエンドユーザー情報を付け加える必要があります。

4. メッセージを送ってください。大部分の電子メールによる要求は、1営業日(週末と米国の休みを除外
 します)以内で処理されます。

5. 電子メールでオフライン・アクティベーション許可コードを受けとったあと、"E-mail Activation"ダイアログの適切なボックス内にコードを入力します。

6. "Activate"ボタンをクリックします。

再アクティベーション**

もし、一度アクティベートされた同じコンピュータにソフトウェアを再インストールする場合は、新しくアクティベートするのではなく、再アクティベート(リアクティベーション)をして下さい。
リアクティベーションは、オリジナルの購入者または登録ユーザーだけが利用できます。
これは、ユーザーがライセンスを許可されたユーザーであることを確認するために必要です。

注意:
もし最後のアクティベーションを電子メールによるオフラインで行ったならば、同じコンピュータへの再インストールに関しては、その時に受け取ったアクティベーション・コードを再使用できます。

再アクティベートするには:**
(日本国内ではシムサーキット(有)へご連絡下さい。下記2~4項は参考情報です。)

1. "Activation Start"ダイアログが開いたならば、"Email Activation / Reactivation"オプションを選んでください。これにより、"Email Activation"ダイアログが開きます。

2. "Email Activation Request"ボタンをクリックしてください。

3. アクティベーション・ソフトウェアは、アクティベーション・リクエスト情報メッセージ(この情報
 を編集しないでください)と共に、システム・デフォルトの電子メール・クライアントプログラムを
 開きます。

4. メッセージを送ってください。大部分の電子メールによる要求は、1営業日(週末と米国の休みを除外
 します)以内で処理されます。

5. 電子メールでオフライン・アクティベーション許可コードを受けとったあと、"E-mail Activation"ダイアログの適切なボックス内にコードを入力します。

6. "Activate"ボタンをクリックします。

許可される再アクティベーション数は、合理的使用ポリシーにより制限を受けます。