How to use >

SPICEで確かめる 電気回路の基礎 講座      他のページへは目次のリンクよりジャンプして下さい

    目   次

0. はじめに
1. 電気回路学で暗黙的に設定されている近似条件
2. 直流回路解析の基礎
2.1 オームの法則、直並列接続、電圧源と電流源
2.2 回路解析のための各種法則と定理
2.3 電力と電力量
3. 交流回路解析の基礎
3.1 交流と正弦波
3.2 正弦波と単一受動素子
3.3 交流電力と実効値
4. 複素記号法
4.1 指数・対数と複素数
4.2 正弦波の複素数への拡張
4.3 交流電力の複素数表示
5. 周波数応答    
5.1 周波数応答とは
5.2 簡単な回路の周波数応答
5.3 共振回路
5.4 Q(クオリティ・ファクター)
6. 磁気結合回路   
6.1 相互誘導  
6.2 理想変成器とT型等価回路
6.3 理想変成器を使った等価回路
7. 2端子対回路  
7.1 2端子対回路とは
7.2 代表的な2端子対パラメータ
7.3 複数回路の接続
7.4 2端子対パラメータの相互変換
8. 非正弦波の解析    
8.1 フーリエ級数展開
8.2 非正弦波に対する回路応答
8.3 非正弦波の実効値と電力
9. 過渡現象    PDF資料改訂(微分方程式の解法) 
9.1 定常状態と過渡現象
9.2 RC,RL回路の過渡現象
9.3 RLC回路の過渡現象
9.4 過渡現象の初期値
10. ラプラス変換    
10.1 ラプラス変換とは
10.2 主要関数のラプラス変換表
10.3 ラプラス変換の演算
10.4 ラプラス変換の回路解析への応用
11. 複素周波数   
11.1 複素周波数とは
11.2 伝達関数
11.3 周波数伝達関数
11.4 過渡現象と複素周波数

(以下準備中)


Home | What's Simulation | How to use | Links | Books | Services | About us | Contact us | Blog

Copyright(C) 2012 SimCircuit Technologies Co., Ltd.